クレンジングラボラトリー

誰もが羨むすっぴん肌の本質は、クレンジングの改定にあり

肌トラブルのない赤ちゃんのようなスベスベのもち肌。女子なら誰でも憧れますよね。
芸能人がキレイなのは、化粧水に美容液にお金をかけているから。芸能人が使っているあの化粧水、雑誌で紹介されていた美容液、美容家がオススメしていたあの美容クリーム。
すべてそろえて、みんなが憧れるすっぴん肌に一歩近づきたい!と思っていませんか?でも、高級な美容液や化粧水を買う前に、まずは、今のクレンジングを見直しませんか?

毎日正しいクレンジングはできていますか?

女性にとって、自分をきれいにしてくれるメイクはまるで魔法。ところが、入念にメイクをしても、クレンジングには粗略になりがちです。
忙しさ・疲れなどからメイクをしたまま眠ってしまったり、化粧の濃さによって洗顔やシャワーだけで済ませたり・・・なんて経験、一度はありませんか?これ、実はすべてあなたの肌トラブルの原因になってしまっています。
化粧品には、顔料などの粉末成分・油分・金属などが混ざり合っています。
これらは時間の経過と共に酸化して、皮脂と混ざり合って腐った食べ物のように変化していきます。
そんなものを顔につけたまま長時間過ごすことを続けていれば、皮膚には様々なトラブルが生じてしまうのは当然です。その予防のためクレンジングが必要なのです。

皮膚トラブル予防のためにクレンジングをきちんと行いましょう

クレンジングにもさまざまな方法がありますが、大切なのはきちんと汚れを落とすこと。
表面的にきれいに見えても、毛穴単位でみると全然落ちていない!ということがあります。クレンジングで大切なことは、たっぷりのクレンジングを使用して、力を入れずにゆっくりと、指の腹を用いてマッサージをするように落としていきましょう。
そして皮膚を温め、汚れが落としやすいようにぬるま湯を使用するとよいでしょう。

間違ったクレンジングが老け顔に繋がっている?

クレンジングが大事なのは知っている、だから、若く見えるために「洗顔・クレンジング」選びにはこだわっているという方も多いのではないでしょうか?
でも、重要なのは「正しいクレンジング方法」でメイクをしっかり落とせているかことです。
メイク落とし自体が肌に負担をかけることだということはご存知ですか?乾燥、ごわつき、赤みなど、“老け気味”肌の原因の大半は、こすり過ぎや、すすぎ過ぎ。力を入れてゴシゴシこすったり、バシャバシャと勢いよくすすいだりすると、刺激が肌のバリア機能の低下を招いてしまい、うるおいが逃げやすくなることも!
特にまぶたは、皮膚が最も薄くて刺激に弱い部位。強くこすり過ぎると、乾燥やシワ・炎症などの原因にもなりかねません。

クレンジングを徹底マスターしよう!

つい面倒だと思いがちなクレンジングですが、どんなメイク術よりも、肌を美しく魅せるのは正しいクレンジングです。
クレンジングの正しい方法として、皮膚を温めながらゆっくりと皮脂を洗い流していく、というのが主流です。
そんなに難しいものではないと思います。身体の疲れに負けずに、クレンジングで自分の時間を取り戻してください。ほんの一手間の時間で、実年齢より若くみられること間違いなしです!

クレンジングバームって最近よく聞くけどどんなもの?

クレンジングバームははじめは半固形状ですが、手のひらにバームをとり、ゆっくりとこすり合わせていくと「とろとろ」に変化していきます。そうなったら顔にゆっくりと馴染ませていきます。
また、一部の商品にはクレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメントなどの5つの役割を兼ね備えるものがあり、面倒な手順のスキンケアはしたくないけどしっかりうるおいたいという方におすすめです。

クレンジングバームの魅力は色んな種類のいいとこどりの機能にあり

クレンジングバームは最近人気が高まっています。クレンジングバームの特徴として、美容オイルの保湿とクレンジングオイルの持つクレンジング力の役割を両立するように作られていることがあげられます。
油分の多いメイク汚れをしっかり落としながらも、洗い上がりの肌はしっとりとうるおい力を持ち、乾燥が気になりにくくなります。
洗い上がりに適度なうるおいを感じるクレンジングができるため、乾燥肌に悩んでいる方には適しているクレンジング剤ではないでしょうか。

クレンジングバームで特別感を味わえる使い方とは?

自宅でエステにいるような感覚を味わえたら、女性にとって何よりうれしいことですよね。
その特別な感覚を味わえるのがクレンジングバームです。
クレンジングバームは、常温で半固形ですが、人肌程度の温度で溶け、オイル状に変化するという特徴があります。
マッサージをしながらメイク落としができるのはバームならではのこと。肌に密着した温感バームの肌触りの心地良さに、ついマッサージをしたくなる感覚に陥るでしょう。

クレンジングオイルってどんなもの?肌への負担は?

クレンジングオイルは、オイルタイプのクレンジング剤のことで、その名のとおりです。
化粧品には、油分を含んでいるものが多く、油分には油分で汚れをおとすのがよいといわれています。クレンジングオイルには界面活性剤が入っています。
界面活性剤とは水と油を混ぜ合わせるために必要な成分で、メイクとオイルをなじませるために重要なものです。
そのため、優れた洗浄力が皮膚の汚れや皮脂をしっかりとってくれるので、Tゾーンや落ちにくいポイントメメイクをおとすのに最適です。
オイル特有のすべり・心地よさからも人気があります。

クレンジングオイルの魅力は確固たる洗浄力にあり

クレンジングオイルのおすすめポイントは、何といっても洗浄力のすごさです。
クレンジングオイルには、界面活性剤が含まれていますが、これはメイクとオイルを馴染ませるためには必要不可欠な成分です。
界面活性剤は肌への刺激が強いため、メイクが濃くて落ちにくい時だけ使用するようにしてください。
またオイルのため、滑りがよいのでつい力が入り過ぎて肌を傷つけてしまいがちです。クレンジングオイルは肌をこすらずともするりと落ちるので、適度な力加減で洗顔しましょう。

クレンジングオイルも使い方次第で肌の負担を防げる!

オイルクレンジングに含まれる界面活性剤により、肌への負担が不安で手を出せずにいる人もいるでしょう。
しかし、オイルクレンジングは乳化をさせて使うことで、肌への負担が軽減されるのです。
というのも、乳化をすることで水分と油分が混ざり合い、メイク汚れを簡単に洗い流しやすくなります。
これにより、油分が肌に残らないだけでなく摩擦による肌への負担が軽くなります。乳化にかかる時間は約30秒程なので、オイルをお使いの方はぜひ試してみてください。

クレンジングジェルってどんなもの?使い分けが必要ってどういうこと?

クレンジングジェルは、肌への吸着性に優れ、肌にとてもなじみやすい商品です。
ジェルの特性から、肌への摩擦が少なく、クレンジングによる肌への負担が少ないことから人気があります。
クレンジングジェルには水性と油性のジェルタイプの2種類があります。その中でも水性ジェルタイプには、オイルフリーとオイルインのものがあり、それぞれ特性が違うため、使い分ける必要があります。

クレンジングジェルの魅力は使用法によって3つのタイプごとに選べることにあり

ジェルには3つのタイプがあります。水性ジェルのオイルフリータイプは、ナチュラルメイクを落とすのに適していて、さっぱりとした洗い上がりになるのが特徴です。
水性ジェルのオイルインタイプは、界面活性剤と油分が入っているので伸びがよく、しっかりメイクを落としてくれるのでさっぱりした洗い上がりを実感できます。
油性ジェルタイプは、オイルをジェル状にしたものなので、摩擦による皮膚への負担も少なく、メイクとも馴染みやすいといえます。

クレンジングジェルの正しい使い方

クレンジングジェルの使用量は、サクランボ1個分が適しています。
少なすぎると肌への摩擦抵抗が強くなってしまいます。ジェルは手の平にのせ、少し温めてから使用します。温めることでジェルの洗浄効果をより高めてくれます。
また、使用上の注意点として、お風呂場など湿気の多い場所で使用すると、ジェルがメイクと馴染みにくい時があります。
ジェルを手に取るときは、しっかり乾いた手の上に乗せるようにしましょう。

クレンジングミルクとは?その使用感はどんなもの?

クレンジングミルクの使用感は、何といっても滑らかであること。
そのため乾燥肌・肌荒れが気になる方にとっては、比較的使いやすいクレンジング剤といえます。
クレンジングミルクは肌への負担も少ないことからメイクの落ち方が緩やかな傾向があるので、ナチュラルメイクを落とすのに適しているといえます。
濃いメイクを落としたい方は、クレンジングミルクに加え、ポイントメイクリムーバーなどを併用するとよいでしょう。

クレンジングミルクの魅力は肌に優しく仕上がりが良いこと

クレンジングミルクは長年多くの女性に支持されています。
その理由として、メイクと馴染ませるときのすべりがよく、なめらかで心地いいことがあげられます。あまり肌をこすらずに汚れを落とすことができるのが特徴です。
そのため、洗い上がりにはしっとりとした感触を味わえます。乾燥肌やデリケートな肌の方に適しているのがクレンジングミルクではないでしょうか。

クレンジングミルクを上手に使い分けよう

クレンジングで重要なのはメイクをしっかり落とすことです。その中で肌にとって必要な皮脂や油分は残すことは、肌のターンオーバーを促すためには必要不可欠です。
クレンジングミルクは、ナチュラルメイクを落とすことには適しています。濃いメイクを落としたい場合には他のクレンジング剤を併用する必要もありますが、クレンジングミルクを使い続けるためにもナチュラルメイク術を極めるのも面白いかもしれません。

クレンジングは必要不可欠

これまで人気順にクレンジング剤の特徴を述べてきました。
それぞれ特徴があり、メリット・デメリットもあることはお分かりいただけたでしょうか。どんなに顔立ちがきれいな人でも、肌荒れやシミがあると決して美しくは見えない時があります。
美肌を保つためには、メイク術も大切ですが、自分にあったクレンジング剤を見つけ、メイクによってクレンジング方法を使い分けることがとても重要となります。
メイクをする以上、クレンジングは必要不可欠です。クレンジング剤の特徴を理解し、適切なクレンジングを行い、誰もがうらやむ美肌を手に入れましょう。

クレンジングで肌をリセットしよう

洗顔やクレンジングで大切なのは、顔についたメイクをしっかり落としきること。
メイクが毛穴に残っていると、毛穴が広がり「イチゴ鼻」になったり、強すぎる洗浄効果で必要な皮脂や油分までとってしまったりすると、逆に乾燥肌を招いてしまったりします。クレンジングは肌の一日の汚れを落とし、肌をリセットすることだと思います。
リセットできないと汚れは蓄積するだけになってしまいます。リセットをしっかり行い、明日への美肌につなげていきましょう。

正しいクレンジングの方法とは

どのクレンジング剤を使用するにしても重要なのは、メイクとクレンジング剤をよくなじませて、力を入れすぎずに優しく洗うことです。効率よくクレンジングを行うために、まずアイメイクやポイントメイクは先に落としておきましょう。
顔全体のクレンジングではなかなか落としきれないからです。次に、クレンジング剤は少なすぎないようにします。
どのクレンジング剤にも1回の使用量が定められています。少なすぎると、皮膚への摩擦が多くなり、肌を傷つけてしまう恐れがあります。
適切な使用料を守りましょう。そして力を入れすぎず、ぬるま湯を使用して洗っていきます。

クレンジング剤は温めてから使うのがポイントです

メイク汚れをしっかり落とすためには、毛穴を開いて汚れを浮き出させる必要があります。
毛穴を広げるためには、皮膚を温めながらクレンジングすることが重要です。
そこで!ホットクレンジングがおすすめなのです!ホットクレンジングは、使用しているうちに熱感を放つので、毛穴を広げつつ中に詰まったメイクや汚れなどを吸着してしっかり汚れを落としてくれます。
ホットクレンジングは肌に優しく、クレンジング剤の中でも最強といえます。

クレンジングに手間ひまかければ、明日への美肌につながります

昨今、さまざまなクレンジング剤が多く存在します。
どれを選んだらいいか迷ってしまいます。でも、正しいクレンジングの方法は基本変わりません。基本を理解しクレンジング剤を選択するとよいのですが、お値段もピンキリですよね。
メイク用品や基礎化粧品にお金をかけ、クレンジング剤を節約したいと思う人は多いと思います。だって、やはり美肌にはなりたいですからね。